ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団 84 固定階層30階

カルチェヴィーダの固定階層30階に到達。

ここまでに遭遇した青イベントは1個のみ。
落ちてるマギアカードを拾うか → 是認:財宝マーク。銀貨5万枚を入手。

緑イベントに行くと、ツェツィとあの男ビストの過去話。
ツェツィに彫刻を教えてる場面ぽい。

どうやら今ビストがいるアトリエは他人の土地内に、勝手に建てたものらしい。
屋敷と離れているし、屋敷は無人だったし。芸術のためなら許してくれるさ、という良く理解できない思考で笑うビストに呆れてしまう。が、ツェツィは面白い人ですね、と笑うだけ。おぉい。

場面変わって森の中。
これからどうするのか、と尋ねるビスト。
ツェツィは森の中で血だらけで倒れていた。自分のことを魔女だと言う。訳があるんだろうが、記憶は戻ってないのかい? と。

言葉を濁したツェツィですが、好意に甘え過ぎたようだから今すぐここから立ち去ります、と即決。はっや。去ろうとするツェツィにビストが渡したのは手作りの指輪。守りたいんだと言ってくれて。おお、カッコいいぞ、ビスト。ツェツィは去るのをやめたようです。

そしてまた場面が変わり、喜色満面で部屋に入ってくるビスト。
屋敷の主が作品を認めてくれ、パトロンになってくれるとのこと。
おお、良かったねー、と思ったらツェツィの驚愕する反応が尋常じゃない。なにか訳ありなんだろうか。
ビストはそんなツェツィの反応に気付かず、アトリエも自由に使っていいらしい、と喜び。
芸術がやっと認められたのですね、おめでとう、ビスト、と。
うーん、良かった、のかねぇ。

ああ、そう言えばツェツィが集めようとしていた奇品は、とある作者のものだけ、といった感じの話をしてたっけ。ビストのことで間違いなさそうですね。殺されたか何だかしたんだろうか。

イベントが終わると、いきなり帰還命令が出ている気がする、と拠点に戻ることに。
ここにワードローブはなかったので、18階に戻ってから拠点に戻ります。

魔女報告すると、ウール―とキットカットが。
降霊灯が迷宮探索している間はナチルが寝てる状態のようです。
2日ほど経ってるから起こさないと衰弱する、という気遣い。どうもです。

自動書記で探索の様子を見てみようかと促すキットカットに、予言の巫女は何でも見れるんじゃないかと聞くと、何でも見れるか、バカか、と罵倒されました。納得いかないナチルですが、まぁいいか。以前は自動書記だったけど、今は自分で直接見て来たような感じがあったから、そのままお話してくれるようです。

そういやぺリコは疲れて寝てるとのこと。無事ならいいか。

ナチルの幼少期やツェツィーリアの記憶を見たことを説明。
――ふと思ったけどツェツィがナチルの母って話はないよね。そして父はビスト。
さすがにないか。

ウール―たちにもツェツィのことは良く分からず。
再び探索することに。

0
タイトルとURLをコピーしました