魔界戦記ディスガイア7 第1話 日ノ本オタクとはぐれ武士

発売日近くに購入していましたが、大分時間経ってからのプレイ開始。
このシリーズももう7作目。長いですね。スピンオフもありますし。
スピンオフもPS4に移植してくれないかな。

結局超やりこんだのは1と2だけで、3からはクリアするのが精一杯になった気がする。
PS3は直ぐ購入しなかったし、要素が格段に増えましたからね~。

本体の容量は5.5G。
今作の主人公は侍。
まぁ、表紙を見れば分かる通りですね。
侍っぽい職業が多い……のか?
今回、職業はどれぐらいあるんだろう。

本編スタート前にDLCを覗いたら、序盤のお助けパックが入手可能でした。
無料で入手できるので、有難く受け取っておきます。
有料もあったけど、そちらは今のところ考えません。
後日談までクリアしてからにしよう。セール入りそうだし。

スタート画面の設定で、メッセージやら移動やらの速度系設定を最速に。
自動送りON。
他はあまり変更せず……さぁ魔界へレッツゴー!
ヽ(`▽´)ノ

主人公は「フジ」さん。
なんちゃら師範とやらに勝負を挑み、悪魔らしく正々堂々真っ向から裏切って勝利。
さすがです。
そして師範の三流っぷりが露呈するのもデフォルトで。
最初からディスガイアらしさが発揮されております。

こんなことで心の平静さを失うなど、修業が足りんわ(誰)。

さぁ相手を怒らせ戦闘のチュートリアル開始。
敵は3人。
浪人Lv1×2、浪人Lv2×1。

主人公のレベルは3。
クラスは「はぐれ武士」とやらです。

色々ステータスを見てて気づきましたが、属性が4種類になってる。
あれ? 前作もだっけ?
いつもの火、風、水に加え、闇?かな。
ちなみにフジは水が弱点。

特殊技は使えないというか覚えていないので、その場で待機。
敵が近づいてきてから横に回って攻撃。
弱い者から撃破です。

戦闘時のカーソル移動を変更するのを忘れてた。
私はいつもAパターンじゃなくBパターンで遊んでます。

ターン終了時のメニュー欄に、見慣れない「ミッション」がありました。
3ターン以内にクリアする、とかあります。
3人相手にするのに3ターンって無理じゃない?
ああ、カウンター攻撃があるんだっけか。

今回は待ち伏せ攻撃したけど、確かに、職業は侍ですもんね。
カウンター狙うのが王道かも。

どうやらそのようです。
次のターンで2人から攻撃されましたが、2人ともカウンターで勝利。
そしてミッションコンプリート。

最初から敵陣に突っ込んでたら1ターン撃破もできたのかな。

トロフィー「任務完遂」をゲットしました。

戦闘が終わりました。
恐喝しながら武士道を語るフジ。
お前黙れ。
(〃 ̄ー ̄〃)

師範は持ち合わせがなかったので、フジの借金1億を返済するため、魔界マグロ漁船に送られました……合掌。
(ー人ー)

彼がアイテム界とかのランダム海賊(漁船)で登場したら笑います。

さて、チュートリアルが終わって第1話。
ここからが本番で~す。

ヒロインらしき女の子ピリリカさんのご登場です。
彼女、武士道に憧れているらしい。
オタクに相応しき熱量で色々語ってます。
( ・ω・)

おや?
ネコ耳のついた黄色プリニーが登場しました。
ピーちゃん。
ピリリカの執事?

「ピリリカお嬢様」と声をかけてきました。

……そう言えばピリリカの頭にも獣耳がついてますね。
こちらは尻尾もあります。
狐みたいにふっさふさです。
顔をうずめたい。

どうやら彼女はアパレル会社の社長らしい。
ほうほう。
そして彼女は憧れの日ノ本に向かうため魔界シップに乗っていて、そろそろ到着する予定らしい。
ほうほうほう。

ローゼンクイーン商会から商人が派遣されてきているらしいので、そちらも見て回りたいですね。
道具屋や魔法屋やスキル屋など、育成に必要な人たちが1か所に集まっている魔界シップ。
超効率良い。

挨拶回りと称してぐるりと1周してきましょう~。

ピリリカさん、どうやらパンケーキが大好きみたい。
話しかける人話しかける人、ほとんどの人に「ふわもこパンケーキ」を勧めています。
かわいいなぁ。

ピリリカの装備は弓。
遠距離キャラか。

まだ装備類の購入はいい不要だなぁ。
魔界シップの施設もまだまだ準備中だらけですしね。

よろず屋ローゼンクイーン商会に話しかけ、終わると再びイベント。
もう目的地に到着するらしい。

城下町で「ウドゥーン」や「ソゥバァ」のお店もいっぱいあるよね、と期待するピリリカ。
……うどんとそばの話?

プリニーに話しかけると、どっかのぺたんこ悪魔とは大違いで賃金を沢山くれるからピリリカはプリニーの間で評判だ、と教えてくれました。
……その会話、どっかのぺたんこ悪魔に聞かれたら殺されますね。
( ̄▽ ̄;)

G県って、岐阜県ですよね。日本一ソフトウェアの本拠地。
いいなぁ、プリニー施設がたくさんあるのかぁ(違)。

さ、時空の渡し人に話しかけて、と。

あれ? ステージ、というかストーリーの選択肢。
第1話「日ノ本オタクとはぐれ武士」。
ああ、ここから更に分岐するんですね。

「出会いの蹂躙」へレッツゴー。

……初っぱなから店員に超怒られてるピリリカさんたち。
店にケチをつけられた、と激怒しております。
何言いやがった、ピリリカたち。
ヾ(・д・`;)

どうやらピリリカが店内で声高に料理を批判したらしい。
……うん、それは普通にダメだ。
でも、麺の看板を出しているのにパスタしか置いていない、という理由で怒っているらしい。
ウドゥーンもソゥバァもない、と。
いや、それはパスタ屋にお前が入ったからじゃね?
黙って別の店に行ってくれ。

魔界シップから応援を呼んで戦闘するしかないと言うピーちゃん秘書。
いやいやいや、極端ですよ貴方。
さすがプリニー。
でも常識がない。

先ほどとは立場を変えて、平和的にいきたいとピーちゃんを制するピリリカ。
あくまで望みは対話。

さっきまでは非常識だと思っていたけど実は常識人なのかもと思った矢先から「迷惑料1万ヘルで許して貰えませんか」と笑顔で話し合い。
Σ( ̄□ ̄ll)

話し合い……?
示談交渉かい!

でもまぁ、魔界だからこれが受け入れられるのかなぁと思っていたら、更に怒られました。
はっはっは。
まぁそうですね。
( ・∀・)

笑顔で「なら10万ヘル払います」と上乗せするピリリカ。
さ、さすが社長。
即決でポンと出せるんすね。
店長も「10万ヘル」と悩み出しましたが……ピリリカの「慎ましく暮らしている皆さんを救いたい」という一言が余計だったようです。

慎ましくって貧乏暮らしって意味じゃねぇか、と再び激怒。

いやぁ、直接的な言葉じゃなかったから別にいんじゃね?
と思ったけど……ここでフジが登場。
一緒に戦ってくれるようです。
グッジョブ!

ベースパネルを選択してオプションボタンを押すと、自動でキャラたちが出撃してくれるの便利。
前作はなかったよね。
……忘れたなぁ。
ベースパネルで並んでる上から順番に出撃されるのかな。
仲間キャラが10人以上になっても、並び替えておけば楽に出撃させられそうです。

まぁやり込み時に10人一気に動かすなんて、以前まではまったくなかったけど。
今作ではどうですかね。

ピリリカさん、弓装備してたから単純に弓攻撃だけかと思ったらヒールも覚えてました。
( ̄▽ ̄)b

メニュー見てたら「ミッション」というもの発見。
今回のステージのミッションに「男性ユニットだけで」という条件がありました。
なんだよ、一斉出撃しちゃってたからもうミッション失敗ですよ。
やり込みは後ででいいや。

フジで敵を倒すとWNが上がり「秘剣一文字」を習得しました。
お馴染み定番の一文字。
フジも強い。

使ったら武器技専用の演出が入りました。
後で省略設定にしとこう。

……今回も3Dなんですよねぇ。
個人的には2Dが好みなんだけどねぇ。

さて、戦闘終了です。
フジに憧れの目を向けるピリリカ。
一緒に魔界シップへ向かい、褒め倒しました。
( ´・∀・`)

武士道やら何やら。
感動しているピリリカに「今の時代にまともな武士はいない」と説明するフジ。
それを目の当たりにできるところに連れて行ってくれるようです。
なんでしょうねぇ。

魔界病院が解禁され、フジが仲間になりました。
特に「仲間になる」といったニュアンスもなかったけど、いいのか。

魔界シップでの操作キャラがフジになってました。
色々と住民に話しかけると反応が違って面白いです。

生まれてからお嬢様に甘やかされてきた秘書プリニー。
全プリニーに嫉妬される存在です。

そして握手に1秒100ヘルを求めるフジ。
どんだけがめついんだ。
……ぺたんこ魔神と気が合うかもしれないですね。
タッグを組んだ2人は絶対に敵に回したくありませんけど。

ひと通り魔界シップを回ったら時空の渡し人から次のステージへ。
一番最初にフジがいた背景。
同じ場所? ではないと思うけど……イワシのしっぽだけでいいから恵んでくれ、と泣きつく戦士男。いや、ここはせめて子供にしてあげて。

おや、あからさまに悪役がいますよ。
しかも見た目はモンスター。
目玉。

報酬が欲しけりゃ24時間働け、とか言ってます。
なるほど。

24時間は無理だけど、働いていいんだったらバリバリ働きますよ、リアルで私。
てか本当、業務量の見直しもしないで時間外削減を強制すると常に時間に追われて目配り気配りも削減されて次の日のインシデントに繋がって色んなフォローに走り回って常に後手後手に回った対応しなくちゃいけなくて無言のまま表情が険しくなってて部下から「話しかけるなオーラを出してる」とか言われてしかも事が起こって対処に追われたら報連相もできず、渦中から少しの隙間時間を見計らって上司の姿を探せばいつの間にか時間外突入してて上司は既に帰宅してますからね!
時間外削減させるんだったら業務量に対しての稼働数を計算してきちんと人員確保してインシデント発生させないような環境整えて従業員全員のマネジメントまでしてみせろ~!!
(ノ≧□≦)ノミ ┻━┻

という鬱憤をつらつらと。
時間外労働を強制する魔物。もっとやれ。

仕事を失った武士たちが幕腐の役人の言いなりになっていると説明するフジ。
魔提督オープナーとやらが来てからすべてがおかしくなったらしい。
時代の流れだよという話かと思ったらちゃんと理由があった。

横暴な役人に憤って突っ込んでいくピリリカ。
……あれ?
どこぞの天使みたいなこと説き始めましたよ。
(。・´д`・。)

必殺技「超・性善説」が出ましたね、とか呑気に淡々と傍観する秘書。
更正させろや。
「ただの妄想じゃねぇか!!」と突っ込むフジ。
最高です。( ̄▽ ̄)b

うーん、キャラメイクできるまではフジだけで頑張っていこうかと思います。
早くキャラ作成してやり込みたいなぁ。

……投げて、持ち上げて。
ここで待機させたら敵キャラが移動してくるかな~、と思っていたら奴ら、弓装備でした。
おおおのれ、ファイターの癖に遠距離攻撃武器なんて、なんて卑怯な!(戦略の問題)。
そういや今回盗賊の扱いはどうなるんだろう。
盗み技があるのか、それとも従来のハンド系アイテムで全員が盗めるようになるのか。
追々説明があるかな。

……掛け声で。
敵を倒したあとにフジが「すまない」って謝る掛け声があるんだけど……なんで?
たまたまかな。
あ、いや、敵側の音声ぽい? まぁいいか。

ほぼほぼフジだけで戦闘終了。

武士が絶滅危惧種なことに落ち込むピリリカ。
目的の1つがなくなりましたからねぇ。

ですが、直ぐに「代わりに美味しい日本の伝統料理をたくさん食べる」と目的を変更。
立ち直りました。
だがしかし。
どこに行っても食えないぞ、と直ぐに挫折させられました。
店に行ってもパスタしかなかっただろ、と……凄い説得力です。

ピリリカさん、ちょくちょく言葉があやしい。
ツッコミが追いつかないよw。

そこまでの熱意があるなら将軍に直談判したらどうだ、と提案されました。
はて。
直談判で何とかなるようなもんなのか? と思っていたら、ピリリカは「それは名案です」と早速お城へ向かいました。フットワーク軽いっすね。

その後ろ姿を見たフジは「もっと騒ぎをデカくしてもらわねぇとな」と暗い笑み。
何を企んでるか分からないなぁ。
現状に鬱憤が溜まっていて、何とかしたいけどできなかったから、他人を使って解決する方向にシフトしたとか、そんな感じ?
あんましお勧めできねぇぞ、それ。

魔界シップに戻ると「スカウト屋」が解禁されました。
キャラメイクです。ひゃっほう。

初期で解禁されているのは戦士、魔法使い、格闘家、僧侶、盗賊、あとは魔物(おい)。
今回、人間キャラはほとんどが男女に分かれてるっぽいです。
初めてじゃないでしょうか。
固定の魔ビリティーにも差があり、ちゃんと意味がある。
バリエーションがあるのは嬉しいです。

とりあえず盗賊はマスト、と。

次なるステージ「大穢戸城前の攻防」へ。
テンション高いピリリカさん。フジにお礼を言うと吐血されました。
なんでやねん。
(* ̄∇ ̄)ノ

人情アレルギーだから感謝なんかするな、と怒鳴るフジ。
なんだそれは。
その端から再びお礼を言うピリリカ。
嫌がらせですな。

どうやら魔物に見つかったようです。
「侵入者発見」とか言いながら近づいてきて、戦闘ステージへ。

ここではジオシンボルが初登場です。
今作では自力移動するのかなぁ。

紫と赤のジオシンボルをベースパネルの周囲に投げて、緑パネルの上で撃破。
連鎖で全消去です♪
敵さんは大分体力削られてるようですが……まだ生きてますね。

あとは各個撃破です。
そういやミッションは出撃人数3人まででしたっけ。
今回は失敗したので、あとでやり直そうと思います。

再びピリリカがお礼を言うと、金儲けのためだと断言するフジ。
そして、助太刀料1億ヘルを要求。
高ぇな、おい。

でもこのお嬢様、金銭感覚が狂ってるのかもしれないし、もしかしたら即決するかも。
そう思っていたけど常識人でした。
1億ヘルに驚愕。

わーわー騒いでいると、防衛奉行ビッグブルとやらが出てきました。
灰色の重騎士さんですね。
と、そこでイベントは終了。
短っ。いいけど。

色々とシステム面を快適なように変更。
戦闘中の演出は最初の1回だけで満足するタイプです。
どうせこの先何回も技を繰り出すんだし、省略で。
記録屋は後からいろんなデータ確認するのに役立ちそうです。
何番煎じか分からないけど攻略にまとめられるかな。

次のステージは「嘲笑う武士たち」。
すでに4面目だけど、1話って5面までだっけ。
そういえば今回、次回予告は入るのかな~。

ビッグブルさんが大暴れ。
建物も通行人もぶっとばしながら近づいてくる――って、どんなよ、それ。
(。・´д`・。)
お近づきになりたくないなぁ。

フジさんが彼について説明してくれました。
魔の十三奉行。守衛団を束ねる隊長。日ノ本一の防御力を誇るらしい。
さすが重騎士。
この話が終わったらキャラメイクできるようになるかな。

まずは話し合いを持ちかけたピリリカですが、武士道を笑われて、あっという間に戦闘モード。
フジと「全力助太刀プラン」の契約。
実家から拝借してきた伝説の武器を前金代わりに渡す、と笑顔で取引。
なんだ、その伝説の武器って。
家宝じゃないのか。勝手にそんな約束して、両親は怒らないのか。

ジオシンボルが置いてありますね~。
攻撃力+50%。ジオ連鎖がミッションに入ってるけど、普通にジオ壊してクリアできるんかな。

今気づきましたが、今作は右上にカーソルの位置表示がされるようになったんですね。
X/Yで。
うちのサイトは基本的に画像利用しないので、位置情報伝えるときは助かるかもなぁ。

紫シンボルを黄パネルにのせることができれば100連鎖できそうです。
ですが、高低差は24。
大丈夫かな~、と思ったらわりとみんな平気でした。
スリッパの効果もあるかな。

……キャラメイクした格闘家、烈闘者の声で笑う。
脳裏に浮かぶのが常にアクターレ。
流石に彼は出てこないだろう。

戦闘が終わると「完斬無止(カンザンムサシ)」という伝説の神剣を渡されるフジ。
何やら凄い代物らしい。
ピリリカの正体を問い詰めようとするフジですが、口ごもる彼女に事情を察したのか引いてくれました。
いや、いいんだけど、私の方が消化不良っす。

フジに渡した剣が光始め、ピーちゃんが「剣に選ばれたようです」と補足。
お前も何者だ、ピーちゃん。

次のステージは~、対決・防衛奉行。
ミッションの中に神討モード発動ってのが入ってます。
なんだろう。さっきフジが剣に選ばれたこととなにか関係があるのかね。

HPとSPは自然回復しないので、魔界病院へ~。
ついでにスカウト屋にいってみましたが増えてませんでした。
まぁ、まだなにもクリアしてないしな。

次のマップへ入ると敵さんが完斬無止について恐怖してました。
要塞クロフネを真っ二つにした伝説の魔改神器かよ、と。

分かりやすい解説ありがとよ、と無表情でお礼を言うフジ。
うん、本当。
( ´・∀・`)

戦闘画面へ入るとフジの「神討モード」なるものが解説されました。
一定ターン、能力向上するらしい。
そしてモード中には専用の特殊技も。
使ったら即モード解除されるらしいから、終了ターンで使うのがいい感じ?

神討モードに入るためには神討ゲージを溜める必要があり、ゲージのため方は魔改神器ごとに変わる。フジの場合は「敵を攻撃する」ことなので楽勝ですね。

今回のステージは特殊勝利条件。
ビッグブルの撃破。
……別に神討モードで撃破しろとかではないんですね。

ステージで初の宝箱発見。
ガンナーに守られております。
中身は「ギロチンアクス」。
まぁコモン宝箱だし……まだまだ序盤アイテムっすね。

緑パネルの敵を一掃したところでフジの神討モードを発動。
防御補正-50%。
敵がってことかな?
モード発動中は能力向上するって話だよね?

フジの神討モードは3ターン。
仲間に投げてもらって、ボスの背後から特殊技発動。
WNが上がったのか、キラースピンを習得しました。
WN5か。

そして1撃ではビッグブルは倒れず……ぎゃあ、集中攻撃を受けて、なんと、全滅……。
まじか。
侮ってたわ。
フジ以外のキャラだと、歯が立ちませんでした。
レベル上げなんて全然してませんでしたので……。

ちなみにここでゲームオーバーになってもエンディングにはなりませんでした。
(* ̄∇ ̄)ノ

リトライで仕切り直し。
緑パネルの敵を一掃し、味方キャラ持ち上げて敵強化+50%のジオシンボルを外へ投げて排除。

緑パネルに青シンボルと消滅シンボルが揃ったので、全消滅を狙います。
敵のHPが半分ほどに減りました。
わーい。

11ターン目だからなのか、それとも全消滅させたからなのか、それまでさほど動かなかった敵陣営が動き出しました。アーチャーまでもが。
フジの神討モードを利用して、今度こそ撃破。
ステージクリアです。

契約を果たしたから約束の1億くれ、と迫るフジ。
え、もしかして契約って今回のこの一戦だけの話?
色々とピリリカの願いが叶うまで有効かと思ってた。
ずいぶん横暴なお話ですね。

助太刀料を支払うため契約書にサインをください、と差し出すピーちゃん。
あ……なんか有能な臭いがしますよ?

契約書に目も通さずサインするフジ。
そしてピーちゃん、やっぱり有能秘書でした。
契約書には「目的を達成でき次第」と記載されていたようです。

1、お嬢様の目的が叶うまで料金は発生しない
2、支払いまでの間、お嬢様の命令に従うこと

(*≧∀≦)人(≧∀≦*)♪

吠えるフジですが、もうサインしてしまったんですから後の祭りです。
だから契約書にサインするときは隅々まで目を通しなさいとお前のお祖母ちゃんは教えてくれなかったのか(誰)。

ピリリカの目的はすべての「始祖の七振り」を集め、魔提督オープナーを懲らしめることらしい。
魔界シップの中ではそんな素振り見せてなかったけど……ピーちゃんの作り話かと思いきや、ピリリカが申し訳なさそうな顔で謝罪してきました。
本当だった。

そういやさっき父上が遺したって言ってたから、敵討ちかなにかかな?

悪魔にとって契約は絶対。
フジは従うしかない。

これからよろしくでっす、フジ。

大穢戸城に住む将軍ウェイヤスは始祖の七振りの1つ、神杖の使い手。
ちょうどいいから行ってぶんどろうと言うフジに、平和的な解決方法を提案しながら最終的にはお金を積めばいい、と純粋に考えてるピリリカ――たちの前でお城が爆発しました。

なにやら可愛らしい白い子が出てきました。
フジの知り合いっぽい。
アオさん?

フジを父親呼びしたところで次回予告へ突入。
誤解だと弁明しようとしたフジを遮りピリリカの妄想炸裂。
お腹痛い。
ヾ(*≧∀≦)ノ゙