二ノ国 白き聖灰の女王 REMASTERED 24 聖なる木片

ある程度クエストこなしてオリバーのレベルは50。
メインストーリーを進めるべくババナシア王国の女王カウラの元へ行きます。

相変わらずの巨人ぶりです。
ブロマイドの美男子は見つかったかい? と聞かれるオリバー。

そうか、彼女の進捗はそこで止まってるのか。

そっちは女王様のおかげでうまくいきました、と報告すると、喜んでくれました。
次のお願い事はなんだい、とお見通し。

ズバリお言い、と言われたのでシンプルに、ひとつながりの笛って知ってますよね、と切り込みました。さすがはカウラ様、ついにあの笛が必要になったのね、と理解も早い。
食っちゃ寝してた人と同一人物だとは思えないね。
そばにいたクランに聖なる木片を持ってこさせました。

まじで仕事早い。
ポンとくれる女王に感謝です。信頼してくれてる証拠ですね。
この長さの枝が切り出せるまで、またどれくらいかかるか分からないから、なくさないでおくれ、と笑う女王。
いぇっさー。(*`・ω・)ゞ

これでジャボーと戦えます! とお礼をいうオリバーに何を感じたのか「魔法大戦を知っているか」と尋ねました。旅の途中で聞いていたオリバーは肯首。

魔法大戦という長い争いのあとに残された3つの国が、ゴロネール、ババナシア、ボーグ。
三王家には世界の秩序を守る義務があり、笛はその象徴だった。
しかし戦争が終わってもジャボーの脅威は続き、それが原因で仲たがいすることも。

そんなときだからこそ力を合わせて笛を作るべきだったのかもね、と言う女王ですが、過去のことは仕方ないから。今できることを致しましょう。ってことで、聖なる木片は貰っていくぜ!

タイトルとURLをコピーしました