ドラゴンズドグマ38 虚しき凱旋

 とんでもない苦労をしながら領都にたどり着いた、主人公たち一行。
 中に入って、呆然としました。
 噴水広場が丸々消えてます。大穴が空いてます。宿屋ごと消えてます。酒場も半分消えてます。
 大穴の周囲には人々が不安そうな顔をして、集っていました。

 ドラゴンとの決戦の地で見た、崩れた街って、やっぱりここですか。今あの光景を思い出しました。
 穴の近くには、いつだったか土地を追い出されたジャスパー一家もいました。彼らが元々住んでいたところは穴に飲まれたそうです。命があって良かったな、ジャスパー。
 しかし彼の奥さんと息子さんの姿がない。
 ……彼らは?
 ひとまず、連戦続きで疲れてたので宿屋に行きたかったんだが、宿屋がない。仕方なく、次なる情報収集としてポーンギルドに向かいます。
 朝でも昼でも画面が見にくくなりました。常にランタンつけといたほうがいいかもしれない。
 ポーンギルドの前に、クエストマーク持ったおっちゃん発見。
 話しかけると「お待ちしておりました」と迎えてくれました。
 そんなに仲良かったっけ?
「私どもより領王の所へお急ぎ下さい」
 いや、お前の様子を見に来たわけじゃなくて、ポーンギルドの中に宿屋のおっちゃんがいるから……彼に用事があって、来たんだけど……。
 会話が終わったら暗転し、少し離れた場所に戻されました。
 ……?
 もう1回近づいてギルドの中に入ろうとしましたが、同じです。戻されます。どうやら強制的に、中には入れないようになってるようです。
 イベントを起こすまではお預けですか。
 ふぅ。

 どうやって回復しようかと思いましたが、杞憂でした。
 菜園の周囲に避難所が作られており、その内の1つに宿営地がありました。といっても普通の兵士なので、倉庫からアイテムを引き出したり、ジョブチェンジなどはできません。あくまでも宿泊とアイテム輸送のみ。
 充分だ。
 そしてここでヒップとサラに会いました。ジャスパーと同じく、彼らも無事だったようです。良かった良かった。安心です。

 宿屋で回復したあとは、通用門を通って城方面へ。
 途中でフォーニバル親子に会いました。彼らも無事だったんですね。良かった。
 無事を喜びながら城へ入りました。
 ……今回はポーンたちが特別についてきてくれないかと思ったけど、ここは変わらないみたいです。城内には私1人だけ。寂しい。
 城も、人の気配がまったくしません。いつもなら宝物庫の前にも人がいるはずなんですが、今日はいません。ラッキー。と思って宝物庫に入ったら、なんと、宝類はすべて片付けられていました。残念。

 謁見の間に行くと、空っぽの玉座を挟んで、フェデルとオルダスがいました。恐る恐る話しかけたら「まずは領王に会ってくれ」と言われました。
 ……この二人、敵になるのかな。
 城内は、この二人以外、誰もいません。恐ろしい雰囲気です。

 赤丸がついてる領王の執務室へ。
 中に入るとムービーが挿入されました。
「ドラゴンに会えたようだな」
 主人公に語りかけてくる声。しかし、肝心の姿がありません。
「お前が何をしてきたか……わしには判っているぞ」
 領王の姿を捜す主人公の肩に、背後から近づいた何者かが手をおきました。驚いて振り返る主人公。彼女の目の前には、年老いた王の姿が。
「奴を倒せるはずがない」
 なぜ断言する。
「ドラゴンと取引しただろう」
 不可解な顔をする主人公。醜いな、王様。
「追いたて、新たな王になる力を得たんだろう!」
 そうとう追い詰められているようです。声を荒げ、剣を構える領王。
 クエストが更新されました。
『領王と戦う』
 えええ、マジですか!?
 慌てて扉に向かいましたが、鍵がかけられているのか、開きません。なんてことしてくれるんだ、王様。
 しかし王様はかなりのご高齢。足元もおぼつかないのに剣なんて振り回すもんだから、直ぐに息切れします。しかも、動きもスローモーション。避けるのは簡単です。
「貴様が、新たな覚者が現れなければ、わしはまだ王として君臨できた。余は死ぬことがなかったのだ。ドラゴンが死ぬまでは!」
 可能性を信じない王。主人公も、教えてあげればいいのに。でも信じないんだろうなぁ、この王様は。生贄を捧げてこの地の王になった人だから。長年、そのことに苦しめられてきたから、それ以外の選択肢をつかんだ主人公は、ひどく疎ましいのでしょう。そしてそこに至る考えも持てないんでしょう。
「貴様が、貴様も望んだのだろう。命を長らえることを……王の座を!」
 いや、こんな暗い城に座する王に魅力はないし。望まないよ。
「絆と……大切なものと引き換えに栄華を望んだのであろう!」
 “栄華”の意味も、捉える人で様々だと思いますけれど。
「ドラゴンと取引し、余を殺せば、次の領王は貴様だと、唆されたのであろう!」
 ……つまりこの人はそうやって今の王になった、と。自分で『そそのかされた』とか言って、人のせいにするパターンですね。長年苦しんできたんでしょうねぇ。王妃様の首を絞めたときに呟いてた名前の人が、生贄にされた絆の人なんでしょう。レノアでしたっけ? 忘れた。
 王妃さまのイベントって、もうあれで終わりなのかなー。
「だが渡さぬ、渡さぬぞ! なるものか……貴様などに、渡してなるものかぁ!」
 咆哮と共に領王、剣を振り回します。
 主人公は執務机を盾にして、ずっと王様の台詞を聞いてたんですが……最後まで聞いても、何も起こりません。しばらくそのまま放置してたんですが(王様は机につっかかって来れません)、次のイベントが起きる気配はなし。
 ここはもう、戦わないっていう選択肢はないのかな。
 椅子の下に散らばってた誰かの髪の毛を採取しながら、王様をジッと見つめてみました。白髪で、目は落ち窪み、動作も鈍く、とても英雄と呼ばれていたとは思えない醜悪な姿。妄執。
 両手剣ってことはウォリアーだったんですかね。
 ……ふと、ゲームのプロローグを思い出しました。あの男主人公が領王だった、ってことはないよね。あり得る話かもしれない。うーん。続きが気になる。

 いつまでも王に付き合ってるわけにもいかないので、机から向こう側に場所を移し、再び扉に手をかけましたが、開きません。
 何かフラグが立たないかと思って部屋中を探し回りましたが、何も見つかりません。
 王様を抱えてみました。超暴れて突き放されました。
 どうにもこうにも、行き詰まり。
 仕方ない。幸いにも今、竜の鼓動を持っていることだし。一度黙らせてしまおう。

 ようやく攻撃に転じて王さまを攻撃!
 よっわ。
 体力ゲージは2本のみ。非常に脆い体なので、一撃で半分くらい削れました。うわー。
 残り、ゲージの半分! といったところまで削ったところで、イベントが挿入されました。
 ようやくか!
 窓からバルコニーに飛び出る王。同時に、兵士二人が部屋に乱入。主人公もバルコニーに。
 老王の姿に驚く兵士。
「王様……?」
 と確認のため呼びかけ。王様、強く肯定。
 あー、最悪のパターンだ。
 老王は兵士二人に支えられ、肩で息をしながら主人公を糾弾。
「この裏切り者が、ドラゴンと計り、呪いをかけたのだ!」
 でたらめを言う王。でも王ですから。発言力は一番上ですからね。たとえ間違えていても。
「ドラゴンを倒してなどおらぬ! 邪悪の手先となり、この町を滅ぼすつもりなのだ! 街を見ただろう。あれこそドラゴンの力を借りた、邪悪の仕業。捕らえよ!」
 一言も弁明することなく瞬時に逃げに転じる主人公。
 バルコニーから飛び降りますが、その先にも既に兵士の姿。囲まれてます。
 ……お前ら、今命令が下ったばかりなのに、ここにまで来てるって、優秀過ぎだろう。それとも既に待機してたのか? オルダスたちの顔が浮かびました。
 先ほどは人の気配がなかったのに、この兵士の多さは何事なんだか。
 ようやく主人公の動きが自由になりましたが、爆笑しました。
 囲んでいた兵士たちの動きが、尋常でなく素早いです。L3ダッシュよりも素早いです。ちょこまかと……本当にちょこまかとした動きで、主人公を殺そうと迫ります。
 彼らを殺しては罪が重くなるだけなので、一目散に城門へ。
 外へ出た瞬間、こちらにも命令が走っていたようで、兵士たちが向かってきました。
「覚者――やはり貴様は! 私欲にまみれ、人心をたぶらかす邪悪と同じだ。馬脚を現したようだな! もはや貴様を同胞と思わぬ!」
 指揮を執るのはマクシミリアン。気に入ってたので、ちょっとショック。
 彼の口から「やはり」って言葉が出るってことは、信用されてなかったんだなぁ。
「領王さまの命令だ! 生死は構わん、ひっとらえろ!」
 マクシミリアンの号令によって、兵士たちが向かってきます。
 うひょーう。
 真剣な場面なのに、兵士たちの機敏過ぎる動きに、やっぱり笑ってしまう。楽し過ぎるよ、お前ら。

 さぁどうすればいいのかな?
 ちょっと悩んでいたら、あっという間に囲まれて、剣で串刺し。雑魚だと侮れません。ガッツリ体力削られていきます。
 やばい、死ぬ。
 しかも四方を固められているので、容易に抜け出せない。
 こちらも攻撃を加え、ジャンプし、なんとか奴らの包囲網から抜け出しました。ところでポーンの姿がないのだが、もう捕らえられたのか……?
 いや、それは変だ。城門を出た先ほどはいた。マクシミリアンの怒声を聞いてたときも、いたように思う。じゃあどこに?
「こちらです!」
 と呼ぶ声に視線を向けると、奴らは3人とも通用門にいました。

 真っ先に置いていきましたねっ?

 奴らのチャッカリ具合に脱帽です。
 ダッシュで通用門に近づき、彼らに合流しようとしたら、あいつら、またダッシュで逃げるんですよ。いや、そりゃ、正騎士に命狙われてるんだから必死になって逃げるでしょうよ。でもそうじゃなくてね?
 主を置いて逃げるとは、どういう了見だ(怒)

 ダッシュして気付きましたが、街の中なのにスタミナが減りました;
 四面楚歌だからってことでしょうか。
 もう街の中は安全ではない(涙)

 どこに行けばいいんだろう、と菜園に転がり出ました。しかし兵士に追われ、再び通用門付近へ。街へ。
 武器屋近くに行ったとき、イベント挿入。
 大穴付近に追い詰められる主人公。兵士たちが主人公に剣を向け、じりじりと近づいてきます。
 絶体絶命の、そのとき、大きな地震が起こりました。
 悲鳴が上がり、大穴からハーピーの大群が発生。混乱する兵士たち。それは主人公も同じなのですが。
 なぜかドラゴンの声を思い出す主人公。
「深遠を覗かば、そこに見えるだろう」
 あの時は意味が分かりませんでした。人の欲望とか、そういう精神論を言ってるのかなと思ったのですが、実は違ったようです。
 大穴の深遠を覗く主人公。ハーピーの群れの、その向こう側。
 人がいます。どうやら、何かを覗き込んでいるもよう。それは、大穴。
 ハッとして空を見上げる主人公。
 空の彼方の光。それは、大穴から差し込む光。大穴から覗き込む、自分の姿。
 上を見ても、下を見ても、延々と繋がるねじれた空間。
 足を滑らせ、主人公は大穴に真っ逆さま――。

 なんだかハッピーエンドは難しいような気がしてきましたよ?

タイトルとURLをコピーしました