ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団 50 固定階層84階

とうとう84階か・・・ここからまた新しい敵が出現するようになりました。
所持マナも増えるので、いつもビクビクしながら歩いてる気がする。
そして、ここにも連れ攫い霧が。スルーしたい。

いたって普通の宝箱から「ブラッコリーフ」を入手。頭痛薬の材料になると言っていたものらしい。
そんなクエスト受けてたっけ?
一度魔女報告しに戻ります。

部屋にはナチルとジルルダさんのみ。気まずい。
二日酔いで姿を見せたクラリス。ああ、頭痛薬って彼女の二日酔いの頭痛のことか。
薬を飲ませると見事に頭痛が消えたようです。凄いねぇ、ナチル。

そこに、観測していたジルルダが割り込んで来ました。
中央区でかなり大きいTOの予兆が出たらしい。
なんだか意味ありげな感じで二人してナチルに目配せ。ナチルの修行が終わったら生贄的な感じでTOへの対抗策につもりじゃないだろうな……そんな鬱展開は嫌っす。

話変わって、自分の母の症状が灰化病ではないかと相談すると、ジルルダから1枚の紙を貰いました。
その紙を母に持たせ、一晩経っても変化がなければ灰化病ではない。黒くなれば灰化病の可能性が高い。翌朝には結果が分かるだろうが、恐らく疲労だろうな、とクラリスが推測しました。

家に戻り、早速母の枕の下に置いて。
そして翌朝。夕方になって、ようやく紙を見たナチル。
灰化病ではありませんでした。

外に出るとクラリスがいて、ナチルを心配して来てくれたようです。
いい奴だな。

残り1週間。

さて、いよいよ大詰めなんだろうか。再び迷宮に潜ってきます。

タイトルとURLをコピーしました