ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団 93 庭園回廊Ⅱ

1つ目のマップに赤いイベントマークがなくなったので別マップへ行きます。
庭園回廊Ⅱ。
緑イベントが1個に、赤いイベント3個。

とりあえず手前の赤いイベントで戦闘をこなしますか。
ピローと戦闘。

今回呼ばれたのはナブラマスター。
ピローとお互いに回復しあうから超迷惑。ゴアクリティカルとか偶然の産物で奇跡的に勝利。

そういえば、カルマ値が高いとクリティカル食らう率が高いとかどっかのチュートリアルで見た気がして、免罪符使って0にしてみたところ、確かにダム・シムーンの攻撃が楽になった。気がする。焔の全体攻撃がこなかった。偶然かもしれないけど。

次の記憶。
ペリコがネズミをムグムグしててももうなにも言わないオババ。
コウレイトウに「今のアンタは一体どこまで理解しているアンタなのかね」と尋ねられますが、いつもの3択しか出てこない。その選択肢で意思疎通できるとは思えないんですが。
是認してみたけどやっぱり、それじゃ分からないよと言われました。
コウレイトウをじっと見ていたオババが、初めて会ったときより能力が少なくないか、と気付き。そして素っ頓狂な声を上げ、出会ったときに持っていた様々な能力は今の私が与えなくちゃいけないってことか、と分かったようです。

なんだか私の頭の中が整理されてない。
ユリィカ時代のコウレイトウが今のコウレイトウ? 実際にはオババ目線になってるけど、コウレイトウはユリィカに憑依させた、初代コウレイトウですよね。
確かに初代はオババから色々とスキルを貰ってました。途中からはナチルから貰ってましたね。そしてその後、2部に突入したときのコウレイトウは、単純にユリィカに憑依していたコウレイトウの続きと考えて良いのかな。アパルトマンを探索しながらナチルから能力貰って積み重ねて。
あとはずっとナチルと一緒にいた記憶しかないんだが、コウレイトウとしてはオババがキットカットたちと仮初ガレリアに飛んだ瞬間、逸れたけど、そのコウレイトウは革命の夜にオババの手に戻り、ガレリア宮に今一緒に来ている――という解釈でいいんですよね。
ユリィカの元でオババやナチルに育てて貰ったコウレイトウは、ユリィカENDで一度休眠し、別記憶を持ったナチルがこちらの世界に来たときに合体した……? とかいうイメージでいいんでしょうか。ここが良く分からない。アパルトマンを探索してたコウレイトウはどっから来た魂なんだろう。

ま、とりあえず、続いて緑イベントに行きますか。
緑イベントのある広間はトレジャーポイントが沢山ある――代わりに誘拐霧がいるので注意。
あの霧、正式名称は何て言うんだろう。どこかで説明あったっけ。
身代わり人形持ってるなら積極的にぶつかって、さっさと身代わり人形と共に消えて貰った方が、精神上の安心を得られます。

緑イベントは場所移動のポイントでした。
着いたところは庭園回廊Ⅲ。なるほど。でもここから先はまだ、ピローを全部壊してないので進めません。
マッピングだけ済ませて、あとで再訪しましょうかね。

庭園回廊Ⅱに戻って別場所へ。あ、最低。霧が復活してます。
ここから別場所に繋がる道はもうないので、早々に広間を出ましょうかね。

5基目のピロー。守護兵は大魔石。固いなぁ……。
ダム・シムーンは1体になると仲間を呼ぶ準備に入るっぽいので、できれば同時に倒せるよう、個別攻撃でダメージを分散してあげると良いかも。
ピローと大魔石は無視。適度に全体攻撃でスタンさせつつ、今回はうまくいきました。ダム・シムーンを倒すまで致命的な瀕死キャラはいないので、このまま力で押し込み勝利。

記憶は、オババが王都に行くときのものでした。
できれば革命を起こさないようにしたい、と考えるオババ。王妃の若返り問題は回避できたから、次は王子様にご退場いただこう、と。

現実に戻ると再び地鳴り。アルステラの時と同じじゃないか、と呟くオババ。
「不可」の成長が早いそうです。

――これでピローはあと半分。

6基目のピロー。守護兵はヴンダープー。攻撃力が高い。そして深淵の瞳が邪魔。
深淵耐性つけていけば少しは楽なのかな。ダム・シムーンはクリアしたのに、ヴンダープーが強すぎる。
il||li ○| ̄|_ il||l

全滅~。どうしよっかな。レベル上げても勝てる気がしません。相性の問題だと思う。
ガレリア図録でちょっくらお勉強。

ピラーオブフール

最大HP 216420
耐性 斬撃B、打撃D、貫撃E、焔撃A、泥撃A、霧撃A

魔法生物科―魔具属
別の用途で生み出された人工的な物品が自然的、もしくは何者かの手により魔法生物となったのが魔具属である。その為その形態は多様であり個体数も他を圧倒する

ダム・シムーン

最大HP 10694
耐性 斬撃B、打撃E、貫撃B、焔撃E、泥撃B、霧撃B

魔法生物科―聖属
一説によると、神聖な存在によって生み出されたとされる魔法生物。自らを高次な存在と認識しており敵対者には独自のルールにもとづく自称神罰を与えようとする。

ヴンダープー

最大HP 11959
耐性 斬撃B、打撃B、貫撃E、焔撃B、泥撃B、霧撃B

魔獣科―特異属
その存在が他属と異なる系譜を持つのが特異属であるが、逆に魔獣らしい魔獣も多い。個体数は少ないが高い戦闘能力を持つものも多く遭遇しても交戦は避けるべきだろう。

3匹に対応させるため貫撃と打撃、焔撃の武器を装備できるキャラを用意すればいいんですね。
あとは耐久力やHPも必要、と。

打撃と焔撃は蝕杖がピンポイントで要件満たしているけど、物理攻撃じゃないしな。
破砕砲、呪鐘、百花弓、鈍槌、古塔槍くらいが候補で。
必然的に「アステルクロウ」「シノマシラ」「シアトリカルスター」「シアトリカルドルチェ」「ゴシックコッペリア」「ゴシックグラトニア」「フェイブルエクリプス」「ピアチャリオット」「ラピッドヴェネター」「ラピッドラプター」のいずれか。

上記の編成で装備も鍛え直て突撃したところ、辛勝~。疲れた。

今度はお喋り爺さんの話か。王子様を何とかしたらあんな爺さんが来るとは、とオババが辟易気味。ナチルが書いた報告書を見て、次は街道の罪人は漁師のハンスだったね、と思案顔。
そうか、オババはナチルの報告書で先回りしてるのか。
そしてようやくあのハンスが何者なのかと繋がった。ユリィカが逃がしてた無罪っぽい罪人のことだったんですね。王妃様にも生き延びて欲しいから見知った仲にしておくってのもいいかもしれないね、と呟くオババ。イベント終了~。

残り3基。
庭園回廊Ⅱにはもうイベント場所がなくなったので、庭園回廊Ⅲへ移りましょう。

0
タイトルとURLをコピーしました