聖剣伝説LoM 014

ディドル関連のイベントがひと通り終わったのでペンギンイベントを進めることにします。

海賊船バルドへ。
船長室の向かいの部屋が操舵室。
舵手のラムティーガーに話しかけると船の航路を委ねてくれます。

宝の地図

船を「北」→「北」→「東」に進ませるとイベント発生。
船長から、メキブの洞窟に宝の地図が隠されていることを聞きました。
穴掘り団に出し抜かれる前に行ってくれないか、と頼まれたので了承。

お前の男気見せてくれ! と鼓舞されたら、すかさず「女でやんす!」とツッコミが。
これ、主人公の性別が男だったらどんなツッコミが入るのかなぁ。

メキブの洞窟には自動で移動。
ペンギンたちは先行するらしいですが、なぜか主人公にはカボチャでもしめてやってくだせぇと言い放ち。なんでだよ。どこだよカボチャ。馬鹿にしてんのか真面目なのか分からんよ。

イベント「宝の地図」が開始。

入口にはぶにゅが2匹いますが、ひとまず無視して自分の足で奥に向かいます。
奥の方に行くとアナグマたちが宝の地図をどこかに落とした話が聞けました。
ラッキー。奪いましょう。

別マップに落ちてた宝の地図を調べるとアナグマたちが集結。
誰が手に入れるかで仲間割れしたんでしょうかね。一斉に引きちぎっていって、そのマップにいたアナグマに話しかけると宝の地図の切れ端を手に入れることができました。
全部で6匹? いや、8匹。
すべてのアナグマを倒して宝の地図を完成させると、自動で海賊船の元へ移動しま、お頭に褒められました。

感謝の気持ちとして「カニ」を貰いましたw
イベント終了。
サボテン感想は「あなほりだんっ」。どっかで聞いたね。

書斎に行くとカニがいました。
話しかけられるのかな、と近づいたらパリッと粉砕してしまいました。
il||li ○| ̄|_ il||l ご、ごめん。

静かなる航海

再び海賊船バルドへ。

航路を「東」→「東」→「南」を指示すると、風がやんでしまった、と報告受けました。
イベント「静かなる航海」開始。

魚でも釣ってろと言われたので甲板に行くと、先に魚釣ってるペンギンがいました。
同じ会話繰り返すだけだったので、一度マップを切り替えてまた甲板に。
先ほどのペンギンが、何かのビンを釣り上げたようです。

蓋をあけると変な生き物が飛び出してきました。
この船はいい船だから、私の船にしよう、とか呟いて姿を消し。
ペンギンに話しかけると、悲鳴を上げて逃げていきました。

えー。

ひとまず船長に報告です。
と、廊下に入ったらペンギンたちが倒れてて、例の幽霊がプカプカ浮かんでました。
特に何もイベントは起こらず。

船長に話しかけると、こんな状況下でも報告はちゃんとされていたようで、事態を把握してました。
幽霊はビンに詰めて海に帰すべきだ、まずはビンを手に入れよう、と促されました。

ビンか……どこにあるかな。

船内を下りていくと不自然な樽がありました。
臆病なペンギンが入っているようです。
甲板で釣りしてた奴かな。

  • バーンズが呼んでるぞ
  • 幽霊はもういないぞ
  • 美人のお姉さんがいるぞ

お決まりの3択。

もちろん、美人のお姉さんを選択。
勝手に想像膨らまして探し回る樽は、もうすっかり元気です。

もう1回樽に話しかけるとビンを貰いました。
甲板に行こうとするとペンギンが走ってきて、誘導してくれるし。
ボスですねぇ。

片手剣だとリーチが微妙。
空振りが多い。
そしてこいつ、吸血攻撃ですぐHP回復してくるから超厄介。
ボーッとしてるNPCはこいつの体力回復役を負わされてるみたいに。

逃げないNPCに何度もイラっとした。
これだけは1人でくれば良かったかなぁ。

お頭から褒められ「アストリア銀」と、またしてもカニを貰いました。
イベント終了。
サボテン感想は「おばけ、出たの?」。

雪原の妖精

また海賊船バルドへ。

航路は「東」→「東」→「北」→「北」→「北」→「東」→「東」へ。
フィーグ雪原に着いたようです。

宝が眠ってるとか眠ってないとかいうウワサがあったりなかったりする! と力説するお頭。

気まぐれか!(  ̄ー ̄)ノ

ペンギンたちと一緒に行ってきます。
雪原に入ると凍えたペンギンたちがいました。

なんか、次々逃げ出すんだけど……南国のペンギンにこの雪はこたえる、って、あんたらペンギンは寒いところ産まれだろ、と思うんだけど……全員逃げました。
えー。
そして始まるベンと「雪原の妖精」。
えー。
(;・ω・)
いいさ、一人で調べるさ。

セーブポイントがあるマップまで進むと妖精がいました。
フィオレンティナ、第1階位の下級な雪の妖精よ、と自虐か分からん自己紹介してくれました。
妖精の秘宝は第7階位妖精エアラングが持っているらしい。
でもおまじないをかけないと妖精が見えないらしい。

ああ、フィオレンティナができるおまじないは第2階位の妖精が見えるようにするまでのおまじない。わらしべ長者的に見える階位をあげてくパターンか。

親切な妖精を見つけないと、おまじないを後退させられるらしい。
直前セーブは必須ですね。
とりあえずパイロエータには気をつけて、と忠告。
不親切らしい。

次に話しかけた妖精はマルバレスタ。
親切でした。
エルナータは第2階位だけど、第4階位の妖精が見えるようになるおまじないができるらしいという情報を教えてくれました。

妖精エルナータ発見。主人公が2じゃないとおまじないできないらしい。
同じマップにいた妖精ルシーニーに頼むとレベル5にあげてくれました。
おお、一気にレベルアップ。

妖精チルダ。レベルアップ。

私の名前は内緒なの、という妖精におまじないをかけてもらい、レベル7に。
なんだ、順当にレベルアップできたな。
エアラングを探しましょう。

最後におまじないかけてくれた妖精が、チャンスは一度だけ、とか言い出しました。
他の妖精に声をかけちゃダメらしい。
レベルダウンするんですね。えー。

セーブポイントから入り口には戻るような感じでマップを遡ったところにいる三匹の妖精のうち、左側にいる妖精がエアラングでした。
はぁ、疲れた。
いたずらのお詫びに「ドラウブニル」をくれました。
そしてお頭にはまた蟹をもらいました。

書斎が磯臭くなる( ´・∀・`)

イベント終了。サボテン感想は「白い妖精ちゃん」。

タイトルとURLをコピーしました