ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団 62 マスク男はベックリン

さて、次はどこに行こう。
マップでイベント発生してないか確認。空っぽの奇品宝箱で、まだ巡っていないところに緑イベントマーク。あとはアプス第1階層の不可侵区の入口に緑イベントマーク。黄翼廊の第二層の不可侵区の入口に緑イベントマーク。あとは、お決まりの、月の紋章の緑イベントマークに、マスク男の赤イベントマーク。

空っぽの奇品宝箱は「空っぽです」と分かればイベントマークが消えると思うので、消化するためにそちらの巡回を再開してみますか。

まだ回っていないのは2つだけ。

  • 紅翼廊 地下区画
     → 空っぽ
  • 藍翼廊 水廊Ⅲ
     → 空っぽ

よし、消化。次は、アプス第1階層の方が本番ぽいから、先にマスク男に会ってみようかな。今の反応を知りたい。
ナルテックスの最階層に向かいます。

マスク男とご対面~。
こんなところまでやってくるとは困った子らだ、と呆れられました。
自分のことを探求者と言うマスク。
コーレイトウに対して、キミが噂に聞く、“彷徨える魂”ということかな? と聞いてきました。どんな噂になってるんだよ。
あ、ベックリンだと名乗ってくれました。何か降霊灯に対して思うところあったのでしょうか。
世界の謎を探求する、学者であり探求者。
いまは、とある故あってこのウルに滞在している。双子世界というのはなかなか珍しいものでね。滞在する価値のある世界なのだよ。
と説明してくれるベックリンさんですが。えっと、双子世界とはまた別の世界から来たっぽいです。
なんだかなぁ。

まだ暫くはこの世界にいるようですが、せっかくだから降霊灯に頼み事をしたいらしい。
暇つぶしだと思って挑戦してくれたまえ、と微笑まれますが。
え、何それ。

この依頼は、高次なる彼の者。君がいずれ必要とするであろう“物”を手に入れるための素材集めとでも思ってくれればいいさ。どうにもならないとき、そのときには私のことを……いや、この“お願い”のことを思い出してくれ。この世界で生きる限り、いずれ必ず“それ”が必要になるはずだ。
さあ、いきたまえ!
もうここに用は無いはずだ。……少なくともいまはね。

そんなことを説明され、再び立ち去る一行。
あ、やっぱりまだ赤イベントマークは消えない。マスク男はそこに居座るようです。
どいてくれよ。私は貴方の向こう側に見えるワードローブに火を灯したいんだよ。
(´・ω・`) むー。

拠点に戻り、依頼メモを確認。
ベックリンズミッションⅠ(笑)が追加されていました。
あ、成功報酬は「ウル宮の箱鍵」になってます。
ウル宮がどこにあるのか、まだ分かりませんが、でも宝箱の鍵は欲しい。
達成条件は三つ。
最後の「×ワ××二×」だけが未所持。ストーリー進めてったら手に入るような気がします。
あとでまた見てみましょうか。

さー、残すイベントの心当たりはアプスの不可侵区ですねー。

0
タイトルとURLをコピーしました