ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団 96 ウル宮

ぺリコとナチルとユリィカの3人で踏み込んだ先はウル宮。
世界がほぼ崩壊しているダンジョンのようです。とりあえず一度戻ってセーブ。

魔女嘆願に「瘴気を無効化したい――翠」「“結魂書”が欲しい」「変異アパルトマンに行きたい」「ガレリア宮お宝閲覧」が追加されてました。
全部必須やん。

ウル宮はワープがいたるところに散りばめられてて、なかなか先に進めない。
どうやらワープは決まった場所に飛ばすのではなく、ランダムに飛ばされるようですね。出たばかりのワープに入っても同じ場所に戻れない。

人形兵たちのレベルアップやマナ集めを兼ねながら色々と進み。
重力反転の紫床とか、更に下層を歩く緑床とか。延々――延々と同じところをグルグル進み。
これって壁壊して落ちて道探すとかしないとダメなのかな?

ただひたすらマッピングしてたらようやく、同じところを何度も進んでたどり着ける気がしない、入口に戻ってみよう、というメッセージが。どうやら本当に全マッピングが終わらないとダメだったっポイ。ここから自力帰還できる自信がないので魔女の鈴で戻ります。

拠点経由し、再びウル宮へ。入口正面に赤いイベントマークが追加されてましたー♪
画面にユリィカが現れてビックリ。敵かと思った。ダウジングしてくれ、ここをまっすぐ行ってください、と道しるべ。そういやぺリコも一緒にいたっけ。

真っすぐ行くと、また赤いイベントマーク。
そこでもユリィカがダウジングしてくれて、道を示してくれます。
次々と進んでいきましたが、だんだんユリィカが怪しくなってくる。

北か南か、どっちかなんです、と言われ。
赤いイベントマークも二つ出現。ひとまず北に行きます。
どうやら正解みたい。近いです、と興奮するユリィカ。もう赤いイベントマークないけど、次はどこへ行けば? 一番近いワープゾーンに行ってみるかね。
と思ったら、途中で空間の歪みに飲み込まれました。

いぇい。緑マークに到達!

この先に行くともう後戻りはできないかもしれない、とメッセージ。
最終決戦でしょうか。もう準備はOKなので、えいやっと飛び込みます。

先に行くと赤いイベントマーク。どうやら迷宮を抜けたようです。
まーっすぐ進んでいくとツェツィーリアさん発見。

どうやって不可を封じるつもりだと尋ねられました。
その行為を私は全力で阻止するだろう、とか言ってますが、いや、その阻止する行為をやめてくれよ。世界を滅ぼす方向に行ってるけど、そもそもツェツィさんの目的は墓守だったんじゃなかったっけ。いつの間に世界滅亡を狙うようになったんだ。

ツェツィさんの目的は、不可によってここが消滅すれば、ここを起点に世界が再構築されるかもしれず、死んだ子が生きている世界になるかもしれない。可能性は低いが、それに賭ける、というもの。もちろん創生されない可能性もあり、すべてが無に帰すかもしれず。

ツェツィさんの想いは分かりましたが、「破壊」という手段ではなく別の手段で、と説得しようとするユリィカ。ツェツィさんにきっぱり断られました。仮初の命ならば作れるけれど、真に人を蘇らせることは不可能だと。それが分かってるなら――と思うけど、止まれるわけないですねぇ。

完全復活したツェツィさんが鳥人間に。
世界樹の中でも屈指の魔力を持つ魔女の一族、カミィ。
戦闘っす。

敵名は「魔女ツェツィーリア」。勝てるかなー。

しょっぱなからマギアレジストⅡを使ってくるツェツィ。
泥の石流震?って奴が全体攻撃でかなりきつい。
あと呪ノ重石ってなんだ。1撃で8000ダメ食らうんですけど。

初見で勝つのは辛いかー。
全滅して拠点に戻されると、なぜか魔女嘆願が追加されてました。
なんだろう、特攻薬的な何かがあるのかなと思って見てみたら「ウル宮お宝閲覧」だった。
il||li ○| ̄|_ il||l 嘆願しときます。

もう少しレベルとかスキルとか武器とか見直してから再戦したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました