ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団 123 グラン・カテドラル2556年層

エレベーターを発見して2556階層へ。
今回のイベントはユリィカとウール―のようです。

「あなたが向こうの世界の私?」と尋ねるユリィカ。
何か変なことになってますね。

二つの世界は時間の流れが違うらしい。
ユリィカの17年間が、ウールーの世界では100年以上経過。
二人は元を辿れば同じ人間、同じ魔女、同じ巫女。でも今となっては別の人間。

――まぁそりゃ、そんなに時の流れが違えばそうなるよね。
というか何を基点にして「同じ魔女」って言ってるのか。
ユリィカが生まれた時を基点にしてるのか? ならそのとき世界が二つに分かれた? いや、もっと前から、みたいな感じで捉えてたけどな。違うのかな。

ウールー達は予知と千里眼の魔女、陽の巫女。
こうして二人で話できてる理由はウールーにも分からないらしい。
ガレリアの貴重な知識人でも分からないのか。

「もう、現実と夢の境界線すら私にはあいまいだ」と言うウールーにちょっと涙。
自我、というか記憶を破壊されたんだっけ。
( *´・ω)/(;д; )

お話しできて嬉しかったよと笑うユリィカに、ウールーも笑ってくれました。

イベントは終了です。
エレベーターで通り過ぎた年層ですが、次に到着したのは2666年層。
次のイベントは2921年層でしたっけ。
もっと階層を稼げるかと思ったけど、あんまりだったな~。

タイトルとURLをコピーしました