忘れられた都市 29 パンドラの箱

エクイティアさんと話して4つの銘板を入手することになったのが前回までのお話。
手がかりを色々探索しなければいけないのですが、その前に、まずエクイティアさんも気にしていたリヴィアさんに会いに行きましょう。
意味不明なことを呟いていた彼女の言葉も、今なら分かるはず。

居住区の焚火の前にいるリヴィアさんに話しかけると新たな選択肢が出現しました。

その意味が分かった、ここがどこかも分かった、と伝えますが、まぁ最初からは信じてくれませんよね、ならば申してみよ、と試されました。
次なる選択肢は一択。
リヴィアさんの信用を得られ、あなたは間違ってない、と伝えると今までの悩みを話してくれました。
やっぱり色々抱えてたんですね~。
少しでも彼女の負担が消えて良かった。

彼女はオウィディウスの変身物語を暗唱すると心が落ち着くらしい。
この地について不可解な説明を残しているので、彼自身がここに来たのではないかと思っているとのこと。
覚えてる範囲で暗唱してもらいました。

けっこう長かったけど、全部聞き終えるとクエスト「パンドラの箱」をクリア。
もしかしたら聞かなくてもクリアできるのかもしれませんね。
試してないけど。
また1つクエストが終わった。
でもこれ、他のクエストというか……目標の中に組み込まれた通過点、っていうような気がする。
これ単独で「クエスト」と呼ぶことに違和感があります(^^;)

もう1回リヴィアに話しかけると、ヘラクレスの足跡をたどって日の光の中へと帰っていけますように、と祈ってくれました。いいお婆ちゃんだね。